ぎっくり腰になったときに安眠できるマットレスの条件

ぎっくり腰には体圧分散に優れてるマットレス!

突然腰を痛みが襲うぎっくり腰ですが、ぎっくり腰を治療するには安静に寝るしかありません。
しかし、痛みがひどくて眠れない場合や、寝ている姿勢が悪くて悪化させてしまうという場合もあります。

 

寝姿勢

 

ぎっくり腰を早く治すには、腰に優しい寝方とマットレスが必要です。

 

 

ぎっくり腰のときにはうつ伏せで寝ると良いと言われます。
腰が上を向くので腰にかかる負担が少なくなるからです。

 

しかし、うつ伏せのまま長時間寝ることは難しいです。

 

呼吸がしにくいですし、体が圧迫されて苦しくなります。

 

それより横向きに寝る方が体には楽でしょう。
膝の間にクッションを挟めば、腰の位置が固定されてより楽になります。
大切なのは腰に負担をかけない姿勢を保つことです。

 

弾力性のあるマットレスがおすすめ

体を横たえるマットレスの種類にも配慮が必要です。
柔らかい低反発マットレスだと寝心地が良いので、一見、ぎっくり腰にも良さそうに思えますが、実際は逆効果です。

 

柔らかすぎるマットレスでは、重心のかかる腰が沈み込んで、そこにばかり負荷がかかってしまいます。

 

寝返りも打ちにくいので、腰に溜まった疲労が取れにくいです。

 

その点、体圧が均等に分散できる高反発マットレスは、腰への負担が少ないです。
私の体験でも、高反発マットレスに変えてから寝返りが打ちやすくなり、ぎっくり腰のときに助かったことがあります。

 

 

高反発マットレスにもたくさんの種類がありますが、大切なのは「体が沈み込まない」ということと「体圧分散に優れている」という二点を同時に満たしていることです。

 

つまり、硬ければ硬いほど良いというわけではなく、壁に立てかけられるほど全体的にはしっかりした硬さがありつつ、表面は柔らかいマットレスがベストです。

 

私はモットンという高反発マットレスを使っていますが、店頭販売してないということもあって中々知らない人も多いかもしれませんね。

 

 

 

page top